饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(121)

天皇誕生日レセプションで各国大使を驚かせた「日本ワイン」

西川恵
執筆者:西川恵 2008年2月号
カテゴリ: 国際 外交・安全保障

 世界各国にある日本の在外公館にとって、毎年十二月に開く天皇誕生日レセプションは、いわゆるナショナルデーの祝賀行事で外交上重要なイベントである。そのレセプションで昨年、幾つかの日本大使公邸で日本産ワインが初めて出され、大きな評判を呼んだ。 日本産ワインを出したのはカンボジア、マレーシア、ラオスの東南アジア三カ国、そしてコンゴ、ガボンのアフリカ二カ国にある日本大使公邸。外務省が試験的に実施したもので、一昨年の国産ワインコンクールで入賞した中から三種類が選ばれた。 甲州シュールリー05年(白)、グラン・ポレール長野古里ぶどう園シャルドネ05年(白)、それにソラリス信州千曲川産メルロー03年(赤)。 五公館合わせて四十四ケース五百二十八本。一公館当たり百本前後が送られた。 十二月七日にレセプションをもったカンボジアの日本大使公邸では、篠原勝弘大使が「皆さんのグラスに注がれたワインは日本産です」と紹介すると、約四百人の招待客からどよめきが起き、スピーチが終わるやワインコーナーに人が群がった。 特に人気だったのが、シャルドネ種の白とメルロー種の赤。旧ポル・ポト政権の大虐殺を裁く特別法廷のフランス人予審判事は「ワイン好きの私から見ても、このワインは素晴らしい。このワインを飲むためだけに日本大使公邸に招かれる価値がある」と絶賛した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順