クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

「王朝」に治められたいインド亜大陸の民

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2008年2月号
カテゴリ: 国際

 一九六四年の、たしか初夏の午後だった。私はカメラマンM君と並んで、パリの街を歩いていた。道端のキオスクの最前列に、夕刊のフロントページが逆さになって見える。私は立ち止まって言った。「おい、Mちゃん。ネルーが死んだ」 こっちも新聞記者である。巨星墜つの報じ方は、フランスも日本も変わらないだろう。異様に大きい第一面の顔写真がパリの夕刊に――チラと見て「死んだな」と判った。 二カ月後、M君と私はニューデリーにいた。独立インドの初代首相、故ネルーの寝室を見せると聞いて、首相公邸へ行った。二十畳ほどの広い寝室の中央に質素なベッドが置いてあり、枕の上にネルーの写真が立てかけられ、ベッドカバーの上には赤いバラと白いジャスミンの花びらが一面に撒いてあった。 執務室に通じる廊下のサイドテーブルには、生前のネルーが会って話した世界の指導者の自署入り写真が一人ずつ額に入って並んでいた。エリザベス女王、ヨハネス二十三世、JFK、フルシチョフなど二十数人。私は日本の政治家、また一九六二年に中印戦争を戦った毛沢東の写真を捜したが、なかった。公邸には、他に参観者はなかった。 ネルーの遺体を焼いた、ジャムナ河畔のシャンティ・ガートにも行った。真夏のインドの真昼である。正方形に煉瓦を積んだだけのガートの百メートルほど手前で車を降りて歩いた。一組の若い男女がガートの前にたたずんでいる。近づくと、サリーを着た女の肩がヒクヒクと動いている。どうしたんだろう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順