中東の親日国アブダビとの切ってはならない絆

執筆者:中嶋猪久生 2008年3月号
カテゴリ: 国際 金融
エリア: 中東

中東で自主開発油田を次々と失いつつある日本。最後の「日の丸油田」があるアブダビとの関係は、今後いっそう重要になるが――。「両国の関係は変わりません」 昨年十二月、ペルシャ湾岸の産油国クウェートを訪れたAOCホールディングスの小長啓一取締役相談役は、サバーハ首長(国家元首)からそう言葉をかけられたという。 AOC傘下のアラビア石油はクウェートで石油権益(カフジ油田)をもつ唯一の日本企業だった。クウェートとサウジアラビアの中間地帯に位置するカフジは、日本が最初に手がけた自主開発油田だ。生産開始は一九六一年。採掘した石油そのものを産油国と石油会社で分けあう「生産物分与契約」は二〇〇〇年(サウジ)と〇三年(クウェート)に失効し、その後はクウェートだけとの間で油田を掘らせてもらう五年間の「技術サービス契約」に移行していた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top