介護ヘルパーになったフィリピーナたち

出井康博
執筆者:出井康博 2008年3月号

 二〇〇六年、小泉純一郎首相とフィリピンのグロリア・アロヨ大統領が合意した両国の経済連携協定(EPA)。その後、フィリピン上院の反対で実現が遅れているが、ここにきて三月にも批准される見通しが強まっている。 EPAにおける目玉は、フィリピンからの介護福祉士(以下、介護士)候補生と看護師候補生の受け入れだ。当初二年間での受け入れ予定人数は、介護士が六百人、看護師は四百人。彼らは三―四年の実習を経た後、国家試験に合格すれば、そのまま無期限に日本で就労できる。これまで「ホワイトカラー」以外の外国人には許されていなかった労働目的で日本に定住する道が、ついに開かれようとしている。その意味では、日本が労働移民の受け入れに向け第一歩を踏み出したとも言えよう。すでに「就労」は進んでいる 近く再開されるフィリピン上院での審議の行方を、固唾を呑んで見守る二人のフィリピーナがいる。日本に留学中のルイーサ・ブエラ・ノサさん(三〇)とステラ・レリス・ヘルナンデスさん(二七)だ。 〇五年に来日した彼女たちは、まず岡山の日本語学校で一年半、続いて大阪へと移って勉強を続けてきた。彼女たちは単なる語学留学生ではない。日本にやってきた目的は介護施設で研修することだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
出井康博
出井康博 1965年岡山県生れ。早稲田大学政治経済学部卒。英字紙『THE NIKKEI WEEKLY』記者を経てフリージャーナリストに。月刊誌、週刊誌などで旺盛な執筆活動を行なう。主著に、政界の一大勢力となったグループの本質に迫った『松下政経塾とは何か』(新潮新書)、『年金夫婦の海外移住』(小学館)、『黒人に最も愛され、FBIに最も恐れられた日本人』(講談社+α文庫)、本誌連載に大幅加筆した『長寿大国の虚構 外国人介護士の現場を追う』(新潮社)、『民主党代議士の作られ方』(新潮新書)がある。最新刊は『襤褸(らんる)の旗 松下政経塾の研究』(飛鳥新社)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順