激化する英露「神経戦」の見えない出口

木村正人
執筆者:木村正人 2008年3月号
カテゴリ: 国際 金融
エリア: ヨーロッパ ロシア

リトビネンコ事件をめぐる外交官追放合戦に続き、ブリティッシュ・カウンシルを閉鎖に追い込んだロシア。両国関係はどこまで悪化するのか。[ロンドン発]元ロシア情報機関幹部の毒殺事件をきっかけに、英露関係が大きくきしんでいる。事件の容疑者引き渡しを求める英政府に対し、露政府は拒否。昨夏、外交官追放合戦に発展した。冷戦期もロシア国内で活動を続けてきたイギリスの公的国際文化交流機関の支部が、ロシア治安当局の圧力で閉鎖に追い込まれた。英国のロシア専門家は「ロシアはぎりぎりまで攻めてくる」と分析する。英国とロシアの間で今、何が起きているのか。 昨年十二月、ロシア外務省は国際交流機関ブリティッシュ・カウンシルに対し「国際法、ロシア税法を守っていない」として年内にサンクトペテルブルク、エカテリンブルク両支部を閉鎖するよう通告した。カウンシルや英外務省は「法律は順守している。閉鎖する理由はない」と反発、二支部は休み明けの一月十四日から業務を始めたのだが、ロシア連邦保安局(FSB)は翌十五日夜、元英労働党党首キノック卿の長男でサンクトペテルブルク支部長のスティーブン・キノック氏を飲酒運転容疑で一時拘束した。さらに二支部のロシア人職員を一斉に事情聴取するとともに内務省職員が自宅訪問を行ない、翌十六日、二支部は活動停止に追い込まれたのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
木村正人
木村正人 1961年大阪府生れ。84年京都大学法学部卒業後、産経新聞社に入社。大阪府警・司法キャップなど、大阪社会部で16年間事件記者を務める。2002-03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員、07年からロンドン支局長。12年7月独立し、ロンドンを拠点に活動するフリージャーナリストに。日本国憲法の改正問題(元慶応大学大学院非常勤講師=憲法)や日英両国の政治問題、国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。公式サイト「木村正人のロンドンでつぶやいたろう」 http://kimumasa2012london.blog.fc2.com/
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順