行き先のない旅
行き先のない旅(58)

人びとの「無関心」を呼んだ「大統領の結婚」

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2008年3月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 フランスのサルコジ大統領が、噂の恋人カルラ・ブルーニさんと結婚した日、ちょうどパリにいた。土曜日の昼下がりである。第一報はインターネットで知った。日本でもさんざん報じられたのではないかと思うが、ブルーニさんは数億円の収入があった元スーパーモデルで、イタリアの資産家の娘。今は歌手である。サルコジ大統領は、昨秋、やはり元モデルの夫人と離婚したばかり。 この前夫人との出会いも、とても変わっていた。ヨーロッパの役所での結婚式は、日本よりも、セレモニーとしての演出が強い。日本では窓口に婚姻届を出すだけだが、こちらでは、市長が正装してカップルを祝福し、ふたりが家族や友人の前で、その場で結婚の証明書にサインする。サルコジ大統領は、以前パリの近郊、ヌイイー市の市長をしていたが、その時代に自分が司った結婚式に現れた花嫁に一目惚れ。何年もかけて交際をはぐくみ、この花嫁を妻にした。映画のようなロマンスという考え方もあるが、市長の熱い視線が仕事中に花嫁に注がれるところは、日本ではちょっと考えられない。このとき、もし隣の市で結婚していたら、と花婿さんは後で悔やんだのではないか。 フランス大統領が在任中に結婚したのは、第五共和制では初めてだそうで、さぞかし大騒ぎなのではと町に出てみた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順