21世紀の独善社会主義

名越健郎
執筆者:名越健郎 2008年3月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中南米

 マルクスに召される日が近付いたキューバの反米独裁者フィデル・カストロ議長の後継者は、間違いなく南米産油国ベネズエラのカリスマ政治家ウゴ・チャベス大統領(53)だろう。 軍人出身で、敬虔なカトリック教徒。1998年に貧困層の支持で大統領に当選。「21世紀の社会主義」を掲げて外国資本追放、産業国有化を断行し、石油の富を貧困層に分けて喝采を浴びてみせた。選挙戦では「社会主義か、死か」という社会主義運動家ローザ・ルクセンブルクの懐かしいスローガンをスペイン語で絶叫した。 チャベス大統領は昨年12月、終身大統領を目指して大統領再選規制撤廃の改憲案を国民投票に付したが、僅差で却下された。国民がお灸をすえた形で、大統領は中国の革命家孫文ばりに「革命未だならず」と嘯いた。一方で軍・警察を基盤に反体制派を抑圧する社会主義独裁を固めつつあるようだ。 チャベス大統領が師と仰ぐカストロ議長に尋ねた。「恒久政権を樹立するには、どうしたらいいですか」「簡単だ。20世紀の社会主義に戻すことだ」 問 20世紀の社会主義と21世紀の社会主義の違いは何か? 答 20世紀の社会主義は銃口で達成される。21世紀の社会主義は石油で達成される。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順