アフリカはどうすれば「離陸」できるのか

平野克己
執筆者:平野克己 2008年4月号
カテゴリ: 国際
エリア: アフリカ

資源高騰で急激な経済成長を遂げつつあるのに、いまだ改善されない貧困。その最大の原因は近代化が大幅に遅れた農業にある。 今年は日本のアフリカ観とアフリカ政策が、国際的に注目を集める年になる。五月に日本政府主催の第四回アフリカ開発会議(TICADIV)が開催されるのみならず、七月のG8北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)ではアフリカ諸国が参加する拡大会合も予定されているからだ。ここ数年、G8サミットでは毎回アフリカ問題が議論され、議長国は対アフリカ政策をとりまとめなければならない。したがって、それに先立つTICADにも実質的な成果が求められる。 日本と関係の深いアジア諸国に対する政策と違って、対アフリカ政策は、これまでほとんど援助の枠内でのみ議論されてきた。そのうえで、欧米諸国はどうしているか、既存の政府開発援助(ODA)スキームでどうやってカバーするか、という視点から発想されることが多かった。最近では、資源外交でアフリカ攻勢に乗り出した中国にどう対抗するかという問いかけ方も目にするようになった。しかし、真に効果的な政策を立てるには、まずアフリカの状況をよく把握すべきだろう。政策の効果は、それが実施される場の「力学」に大きく左右されるからだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平野克己
平野克己 1956年生れ。早稲田大学政治経済学部卒、同大学院経済研究科修了。スーダンで地域研究を開始し、外務省専門調査員(在ジンバブエ大使館)、笹川平和財団プログラムオフィサーを経てアジア経済研究所に入所。在ヨハネスブルク海外調査員(ウィットウォータースランド大学客員研究員)、JETRO(日本貿易振興機構)ヨハネスブルクセンター所長、地域研究センター長などを経て、2015年から理事。『経済大陸アフリカ:資源、食糧問題から開発政策まで』 (中公新書)のほか、『アフリカ問題――開発と援助の世界史』(日本評論社)、『南アフリカの衝撃』(日本経済新聞出版社)など著書多数。2011年、同志社大学より博士号(グローバル社会研究)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順