【ブックハンティング】膝を打たせるコラムとはこんなコラムのことだ

会田弘継
執筆者:会田弘継 2008年4月号
カテゴリ: 書評

 本誌が届いたらまず巻末を開き、徳岡孝夫氏のコラム「クオ・ヴァディス」から目を通す読者が多いに違いない。かつて「諸君!」という雑誌もそのように読まれた。山本夏彦氏のコラム「笑わぬでもなし」が続いていたころである。 夏彦氏が六年前の秋に逝って以来、真っ先に巻末を読者に開かせる名コラムといったら、徳岡氏の本誌連載の他にない。氏もそう意識して書き継いでいるに違いない、と評者はにらんでいる。その連載の中から拾い集めて一冊に編んだのが『「民主主義」を疑え!』である。 腰帯には「新聞、テレビはなぜ堕落したか?」とある。本文第四章はずばり「『マス・メディア』を疑え」とあるから、大手メディアに勤める評者に書評を求めた本誌編集部の意図も、ははーん、と呑み込めた。夏彦流にいえば「意地悪は死なず」である。でも、くじけず筆をとる。 本書の次のようなところで、読者はきっと膝を打つだろう。イラクの特別法廷はサダム・フセインを裁いて、一昨年末に絞首刑とした。公判廷でサダムはその裁判の不当を突いた。日本のメディアは同調するように米軍占領下の裁判は「公正中立であり得ない」と批判した。 ならば、同じ米軍占領下で行なわれた東京裁判はどうなのか。サダムの虐殺を裁くイラクの裁判への批判の筆が、東京裁判になるとへなへなと折れてしまう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順