クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

革命を「保守」したカストロの退場

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2008年4月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中南米

 金正日は、いつもジャンパーを着ている。キューバのフィデル・カストロ議長は、ずっと戦闘服で通してきた。中国の指導者さえ近頃は、背広にネクタイを締めることにより、世間の常識に一応の敬意を払うようになっている。そういう世界の中で、金とカストロだけは「俺は違うんだぞ」と、突っ張ってきた。ま、どんな教室にも、そういうヤツはいたなあと思い出す。 カストロは齢八十一に達して国家元首の職から引退すると発表した。それを、共産党機関紙へのメッセージという形で言った。しかし辞意なら、国営テレビ幹部に宛てた昨年末の書簡の中で、すでに言っている。「私の唯一の願望は、思想の闘いで一兵卒として闘うことにある」 トルコのアンカラには、近代トルコを築いたケマル・パシャの壮大な廟がある。ケマルの棺の上にはポツンと一つ、従軍記念章が置いてある。第一次世界大戦に従軍したトルコ兵士なら、誰でも貰える、平凡な記章である。 人は褒章、勲章、銅像、基金、または著書や自らが創業した企業に己が名を冠することにより、限りある命を「永遠」につなげようとする。ケマルとカストロは、それを地位も身分もない兵士との「連帯」によって成しとげようとした。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順