ADSL業界中堅同士が「片思片愛」で大揉め

2008年5月号
カテゴリ: 経済・ビジネス

 ネット回線サービスを行なうADSL業界四位のイー・アクセスが、同五位のアッカ・ネットワークスへの経営関与を強めようとしている。昨年末に筆頭株主に躍り出ると、年明けにはアッカ経営陣の手腕を痛烈に批判、過半数の取締役を送り込むことをアッカ側に申し入れた。アッカの木村正治前社長は「健康上の理由」で三月に退任したが、提案は拒否したままだ。 イー・アクセスは主力のADSL事業では利益が出ているが、固定系のブロードバンド市場は光ファイバーを使ったFTTHサービスが主流になりつつある。携帯電話サービスを行なう関連会社イー・モバイルはネットワーク構築の途上で現状ではコスト過多の状態とみられるなど、成長への道筋を描けていない。とりあえずはアッカを手中に収め、ADSL事業の基盤を強化する戦略と見られる。 両社にはこれまでにも事業統合を模索する動きが水面下であったが、実を結んでいないのは、「アッカ側にイー・アクセスの創業者、千本倖生会長へのアレルギーがあるから」(関係者)。イー・アクセスは、アッカが行なった自社株買い取引に関する株主代表訴訟をちらつかせて揺さぶりをかけるが、アッカ側が殻をますます固く閉ざす状況を招きかねず、両社の攻防の出口は見えていない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順