インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

新首相就任で対米密約は無効に? 岐路に立つパキスタン「対テロ戦争」

春名幹男
執筆者:春名幹男 2008年5月号
カテゴリ: 国際

 二年半前、イスラマバードで会った西側外交筋から、次のような興味深い話を聞いた。 ムシャラフ・パキスタン大統領は公式的には、パキスタン国内における米軍の作戦活動を拒否しているが、米中央情報局(CIA)の工作は事実上、制限なく認められている。アフガニスタン国境に近いクエッタなどの要衝で「CIAとみられる人物らがハイテク機器を運び込むのを見た」といった目撃談をしばしば聞く――というのだ。 今年初めには、ムシャラフ政権とブッシュ米政権の間で、CIAの工作について「暗黙の了解」ができた、と米ワシントン・ポスト紙が伝えている。アフガン国境にある連邦部族直轄地域(FATA)のアル・カエダやタリバンのアジトに対して、CIAが精密誘導兵器で攻撃することが認められたというのだ。 両国とも、「取り決め」や「了解」など一切ないと否定しているが、密約があったのは確実だろう。それが証拠に、一月以降、無人偵察機MQ1Bプレデターを使ったFATAへの攻撃が目立っている。 CIAのプレデター運用基地はイスラマバード近郊などにあると伝えられる。基地には、プレデターをコントロールするため、全部で約六十人の運用要員が詰め、人工衛星などを使って操縦する。機上は「無人」で、パイロットや探知要員は地上にいる。事前に集めた情報に基づいて「目標」に接近する。目標を確認できれば、ヘルファイアー空対地ミサイルを発射する、というシステムである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順