良質な介護士をハネ返す「難試験の障壁」

出井康博
執筆者:出井康博 2008年5月号
カテゴリ: 経済政策・社会保障
エリア: 日本

 今年夏にも予定されていたフィリピン人介護士・看護師の受け入れが遅れることになった。三月に休会したフィリピン上院が日本との経済連携協定(EPA)の批准を先送りしたからだ。 当初二年間で介護士六百人、看護師四百人の日本への受け入れは、二〇〇六年に小泉首相とアロヨ大統領が合意したEPAの目玉だ。すでに日本の国会は承認し、あとはフィリピン側の批准を待つばかりという状況が昨年から続いている。 フィリピン政界では今、政府発注事業の汚職問題でアロヨ大統領が苦境に立つ。それが今回、EPA批准が遅れた表向きの理由だが、背後にある日比両国の大きな齟齬も見逃せない。EPAによって来日するフィリピン人介護士・看護師の位置づけが、両国間で全く異なっているのである。 日本政府は「人手が足りないから外国人を入れるのではない」(厚生労働省)というスタンスで一貫している。つまり、フィリピン人介護士・看護師を「労働者」として受け入れるのではなく、目的は日本での「研修」だというのだ。 それに対して送り出し側のフィリピンが望むのは、外貨を稼ぐための長期的な就労だ。しかし彼らは入国から三―四年後には日本人と同じく日本語で国家試験を受け、資格を取得できなければフィリピンへと送り返される。この条件がある限り、実質的には短期的な「研修」しか望めないため、フィリピン側でEPAへの熱がすっかり冷めてしまっている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
出井康博
出井康博 1965年岡山県生れ。早稲田大学政治経済学部卒。英字紙『THE NIKKEI WEEKLY』記者を経てフリージャーナリストに。月刊誌、週刊誌などで旺盛な執筆活動を行なう。主著に、政界の一大勢力となったグループの本質に迫った『松下政経塾とは何か』(新潮新書)、『年金夫婦の海外移住』(小学館)、『黒人に最も愛され、FBIに最も恐れられた日本人』(講談社+α文庫)、本誌連載に大幅加筆した『長寿大国の虚構 外国人介護士の現場を追う』(新潮社)、『民主党代議士の作られ方』(新潮新書)がある。最新刊は『襤褸(らんる)の旗 松下政経塾の研究』(飛鳥新社)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順