【ブックハンティング】厳選された公開情報で学問的に描いた「鄧小平」像

執筆者:高原明生 2008年5月号
カテゴリ: 国際 書評
エリア: 北米

 いまや世界の工場と化し、今年中には確実に米、日に次ぐ世界第三位の経済大国となる中国だが、その内政には相変わらず竹のカーテンがかかっている。中国共産党は革命政党の原則である秘密主義を崩していない。指導者たちの執務所や住居が集中する中南海で展開される政治過程は極めて不透明だ。  たとえば、通常時の最高意思決定機関は九名のメンバーから成る中央政治局常務委員会だ。しかし、それがどれほどの頻度で開かれているのかさえ明らかにされていない。一九八〇年代にはほぼ毎週一回開催されると言われたが、現在は二週間に一度のペースだという説がある。だが本当のところは、外部観察者のみならず一般の党幹部にもわからない。現代中国はジャーナリストにとって天国であり、学者にとって地獄だと言われる所以だ。  そうした制約の中で、本書『トウ小平秘録 上』はトウ小平を主人公とする中国現代史の政治過程を詳細に再現してみせた労作だ。著者の伊藤正氏は共同通信の北京支局長や論説委員長を歴任した後、産経新聞に転じて中国総局長を務める百戦錬磨のチャイナ・ウォッチャーである。一九七六年の周恩来死去後の第一次天安門事件や同年九月の毛沢東死去、そして八九年の第二次天安門事件などを現場で取材した、歴戦の勇士ともいうべきベテラン・ジャーナリストだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順