コロンビア「越境」ゲリラ攻撃の真相

2008年5月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中南米

隣国エクアドル領に巣喰う左翼ゲリラを空爆。主権侵害もいとわず攻撃した背景には、チャベス・ベネズエラ大統領の暗躍が――。[サンパウロ発]戦果を発表するコロンビアのサントス国防相の顔は、紅潮していた。 三月一日未明、コロンビア軍は隣国エクアドル領のジャングル地帯にあった左翼ゲリラ、コロンビア革命軍(FARC)の拠点を越境空爆。FARCの広報担当を務め、ナンバー2とされるラウル・レジェス幹部らFARC兵多数を殺害した。さらに、レジェス幹部らの遺体やパソコンなどを押収した。 コロンビアとエクアドルの国境は熱帯雨林が生い茂るジャングル地帯を流れる細い川だ。互いの住民同士も普段から隣国に出向き、買い物などをしている。FARCがエクアドル領に勢力を伸ばしているのは公然の秘密だった。 この越境攻撃に最も過敏に反応したのが、反米を唱える隣国ベネズエラのチャベス大統領だった。 翌二日、コロンビアの親米右派ウリベ大統領を「ブッシュに従属するマフィア」とののしり、「コロンビアが戦争を仕掛けようとしている」として、軍に対してコロンビアとの国境地帯に戦車部隊や戦闘機を送るよう命じた。 南米統合などでチャベス氏に共鳴するエクアドルのコレア大統領も、これに呼応するようにコロンビアと断交し、国境地帯に軍を増派した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順