国の威信をかけた「印パ・ホッケー戦争」の歴史

執筆者:生島淳 2008年5月号
カテゴリ: スポーツ 国際

 二〇〇八年三月九日、世界のホッケー界に衝撃のニュースが走った。 チリで行なわれたホッケーの五輪最終予選で、インドがイギリスに〇対二で敗れ北京五輪出場を逃したのである。世界でホッケーを「国技」とする国はインドとパキスタンの二カ国と言ってよく、そのひとつであるインドが五輪出場権を逸したのは歴史上初めてのことだった。 ホッケーは十一人制で、三十五分ハーフで行なわれる。野球の硬球よりも硬いボールをスティックを使って相手ゴールに入れることで得点が入るが、近年はセットプレー(サッカーのフリーキック的な攻撃機会)が大きな得点源だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
生島淳 1967年生れ。広告代理店勤務を経て93年よりライターとして活躍。著書に『大国アメリカはスポーツで動く』(新潮社)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top