「チャイナ・フリー」か「フリー・チベット」か

名越健郎
執筆者:名越健郎 2008年5月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

 5月上旬に計画されている中国の胡錦濤国家主席の日本公式訪問を前に、「ギョーザ」「ガス田」「チベット」の三重苦が日中関係に影を落としている。首脳外交で求心力を取り戻したい親中派の福田首相だが、思惑通りには進みそうもない。 特に冷凍ギョーザ問題では、殺虫剤混入の経緯をめぐって日中の見解が分かれ、両国民の感情的な対立に発展。落とし所が見つかる気配はない。 ギョーザ問題は明らかに中国の分が悪い。中国側が食品の安全性をアピールしても、8月の北京五輪を前に、各国の警戒感が強まるばかりだ。米国で生まれた新語「チャイナ・フリー(中国製品を含まない)」のシールは、全米のスーパーやデパートのあちこちに貼ってある。 中国政府が食糧危機の深刻な北朝鮮に緊急食糧援助を申し出た。 しかし、北朝鮮政府はこれを拒否した。「食の安全が保証されるまでは、受け入れられない」 米政府が食糧危機の深刻な北朝鮮に緊急食糧援助を申し出た。 北朝鮮政府が回答した。「チャイナ・フリーでお願いしたい」 中国外務省幹部が訪日する胡錦濤国家主席に報告した。「今、日本を訪れたら、街頭でギョーザを投げつけられる恐れがあります」 胡主席が答えた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順