後期高齢者医療制度の約束された破綻

2008年6月号
カテゴリ: 経済政策・社会保障
エリア: 日本

実にお粗末なシステムを作ったものだ。医療費を圧縮する仕組みはなく、公的医療保険制度の崩壊を早めるだけ……。 四月一日、全国に約千三百万人いる七十五歳以上の高齢者が加入する「後期高齢者医療制度」がスタートした。「ネーミングがよくない」という福田康夫首相の意見を受け、厚生労働省は制度スタート当日に「長寿医療制度」との通称を用いることにしたが、看板を掛け替えたところで中身が変わるわけではない。この制度が設けられたのはお年寄りの長寿を祝うためではなく、破綻寸前の公的医療保険制度の維持に向け、高齢者にも「応分の」負担を求めることに目的がある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top