「世界の工場」の象徴 東莞市のつまずき

執筆者:八ツ井琢磨 2008年6月号
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
エリア: 中国・台湾

 四月末に閉幕した中国最大の貿易見本市「中国輸出入商品交易会(広州交易会)」でちょっとした異変が起きた。百三回目となった今回は出展ブースを前回より三割増やしたが、輸出品の成約額は二%増の三百八十二億ドルにとどまりブース当たりの成約額は二割以上落ち込んだ。 製品別では、成約額全体の三割超を占める軽工業品が前回比で微増にとどまり、玩具や事務用品、紡績糸・織物は二ケタ減。人民元高や人件費上昇などにより、付加価値の低い労働集約的な製品で「メイド・イン・チャイナ」は競争優位を失いつつある。 しかし、中国の輸出産業全体が変調をきたしているわけではない。今年一―三月期の輸出額は前年同期比二一%増。減速こそしたものの、引き続き高い伸びを維持している。今回の広州交易会でも、輸出の柱である電子・電気製品の成約額は八%増えており、IT(情報技術)関連製品を中心に中国の輸出競争力は依然高い。 問題は、淘汰の波にさらされている輸出企業を多数抱える華南地域が、いかに産業構造の転換を進めるかだ。 例えば広東省東莞市。省都の広州市と経済特区の深セン市に挟まれ、香港にも近い人口約七百万人のこの市は、輸出向け製品の受託生産が盛んで、今年一―三月期では中国の貿易黒字全体の七%を稼ぎ出した。しかし、生産コスト上昇を背景に、軽工業品などを生産する中小工場の移転や廃業が増えており、「産業空洞化」の懸念がささやかれる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順