行き先のない旅
行き先のない旅(61)

大作曲家ヴェルディの「生涯もっとも美しい作品」

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2008年6月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史

 先月号に引き続き、ヴェルディの話題をお届けしたい。社会の中で弱い立場にある者が運命に翻弄され、嘆き悲しむ心の様子を、世にも崇高なメロディーに歌い上げ、観客の心を打つヴェルディ。その彼が、自分の生涯で「もっとも美しい作品」と呼び、自ら細かい指示を出して作り上げた音楽家のための老人ホーム「憩いの家」を、夫とともに訪ねてみた。 ミラノ市内にあるこの老人ホームは、地元の人には「ヴェルディの家」という愛称で親しまれている。このホームの近くで育った四十代の友人は、毎年クリスマスに、やや調子っぱずれな音を出す、老人たちの吹奏楽団が、窓の下にやってきたのを覚えている。そのたびに母親は「さあ、このお金を差し上げていらっしゃい。昔は皆さん、立派な音楽家だった人たちよ。ヴェルディが作ったお家に住んでるの」と彼に封筒を渡したそうだ。 晩年、ミラノに土地を購入したヴェルディは、年をとって公演ができなくなり生活に困った歌手、器楽奏者、指揮者らが暮らせるような老人ホームの建設の構想を思い立った。この計画に惜しみない協力をしたのが、ヴェルディよりちょうど一世代若かった台本作家ボーイトである。ボーイトは、もうオペラを作曲する気がなかったヴェルディを、気長に説得し、八十歳を前にしたヴェルディに「オテロ」「ファルスタッフ」という名作を書かせた功労者でもある。そのボーイトの兄弟が当時名の知れた建築家で、「ヴェルディの家」を建設した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順