クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

キプロスの共存への道 聖火リレーの傲慢

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2008年6月号
カテゴリ:

 地中海に浮かぶキプロスの、ファマグスタという地名を御存じだろうか。首都ニコシアから東に五、六十キロの外港……などという講釈は必要ない。ファマグスタは、オセローがデズデモナを殺した町である。私はその町へ行き、誰ひとり殺さず、一晩ゆっくり寝て帰ってきた。 今はどうか知らないが、一九七〇年代のアラブ諸国は、一度でもイスラエルの土を踏んだ者を入国させなかった。イスラエルという国そのものが現に存在するのを認めず、「被占領下のパレスチナ」と呼んだ。アラブ全体が今日のハマスと同じ原理主義だった。 イスラエルに入った痕跡あるパスポートの所持者は、アラブの国への入国を許さない。空港から追い返した。 それを知っているイスラエルの入管は、外国人記者がパスポートを出すと「入国スタンプは省略しておきますか?」と訊いた。アラブの国へ取材に行ったとき困るでしょう、という配慮である。 私は「構いません。スタンプを押して下さい」と答えた。別にアラブ用の旅券を持っていたからだ。向こうに入国するときは、それを使う。記者たちは、みなそうしていた。 ただし、さすがにイスラエルからアラブに直行するエアラインはない。いったんローマかアテネに出なければならない。私は最も近いキプロスを択んだ。あるとき時刻表の都合で、キプロスで一泊しなければならなくなった。ニコシアなんぞでは面白くない。タクシーを停めて「ファマグスタへ」と言った。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順