インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

「核兵器のない世界」を目指す男が核のボタンを握ったら

春名幹男
執筆者:春名幹男 2008年7月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア 北米

 核大国である米国とロシアでの大統領交代。その裏では「核のボタン」の引き継ぎという極めて厳かな儀式が行なわれる。 ロシアでは大統領職はプーチン氏からメドベージェフ氏に引き継がれた。ひょっとしてプーチン氏が核のボタンを掌握し続けるかもしれない、とひそかに予測していたが、邪推に過ぎなかった。だが今後の展開次第では、プーチン氏が大統領に指示する局面があるかもしれない。 五月七日の新大統領就任式の直後、クレムリン内の一室でセルジュコフ国防相が立ち会い、核のボタン引き継ぎ式が行なわれた。「同志、最高司令官殿! わが国の戦略戦力の指揮権を引き渡します」と大統領付き将校が宣言し、新大統領のもとに「核のブリーフケース(カバン)」を運び込むシーンがロシアのテレビで放映されたという。 米国では「フットボール」と呼ばれる代物だ。全面核戦争のシナリオ「単一統合作戦計画(SIOP)」が「ドロップキック」というコード名だったので、そんな渾名がついた。革製のカバンで、中には最高機密が詰まっている。 衛星通信電話のほか、核兵器発射を承認する秘密コード、核兵器に関するテキストのような文書などが納められているという。大統領がどこへ行こうと、フットボールを管理する「少佐」は影武者のように大統領に寄り添って同行する。一九六二年のキューバ危機以後、現在のようなシステムがとられている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順