ミャンマー軍政の「終わりの始まり」

名越健郎
執筆者:名越健郎 2008年7月号
カテゴリ: 国際

 ミャンマー軍事政権は1989年、「ビルマ」を「ミャンマー」、「ラングーン」を「ヤンゴン」と英植民地時代以前の呼称に戻したが、日本人にとっては「ビルマ」「ラングーン」の方がしっくりくる。 戦後も僧侶として残留し戦友の遺骨を拾う日本兵を描いた竹山道雄の名作を「ミャンマーの竪琴」とは言えないし、「からゆきさん」もいた港町ラングーンの物悲しい響きは「ヤンゴン」では失われる。軍政のやることは、首都移転を含めどこか間が抜けている。 反政府勢力を徹底弾圧する軍政下では、ジョークも禁物だ。軍政を揶揄したコメディアンが逮捕され、禁固5年を言い渡されるなど、「ジョークを口にしただけで連行される」(ニューヨーク・タイムズ紙)という。 昨年9月、僧侶を先頭にした反政府運動を武力弾圧した軍政の幹部は、腐敗、汚職、堕落も伝えられ、その評価は内外で地に落ちた。 ミャンマーの金持ちが虫歯治療のため、インドにやってきた。 インド人の歯医者が言った。「お国には歯医者もいないのですか」「歯医者はいますが、口を開けることが許されないので」 軍政幹部は賄賂にカネを受け取っているとの噂をミャンマー高官が否定した。「絶対にカネは受け取らない。高級車、宝石、不動産ならともかく……」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順