スリランカ取り込みを図る中国に神経を尖らせるインド

2008年8月号
カテゴリ: 国際

 インド洋の島国スリランカの南海岸の小さな港町ハンバントタで、中国輸出入銀行から十億ドルの融資を受けて港湾整備が行なわれることになり、隣国インド政府が神経を尖らせている。中国は他にも、スリランカ北部マナー地方で石油の掘削を始めたり、武器や軍事訓練の提供を申し出るなど、スリランカへの関与の度合いを強めている。 さらにインドを慌てさせているのは、パキスタンやイラン、サウジアラビアまでもが、スリランカとの関係を深めようとしていることだ。 こうした各国の動きを受け、六月後半、ナラヤナン国家安全保障顧問率いるインド政府代表団が突如スリランカを訪問したことで、インドもスリランカに対する武器供給を増やすのではないかとの憶測を招いている。 そしてインドは、アフリカのモザンビークとマダガスカルに中国艦艇の動きを監視するための通信傍受施設を置いたり、中国と国境を接するカシミール地方に空軍基地を再開するなど、「中国包囲網」とも見える動きを活性化させている。インドは中国の北のモンゴルに宇宙観測施設を、西北のカザフスタンには空軍基地を持っている。今後十年のうちに、空母と原子力潜水艦を就航させる計画もある。 こうした各国の動きは、エネルギー輸送ルートとしてのインド洋の重要性に鑑みてのことであり、今後もスリランカをめぐる駆け引きは続くに違いない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順