ジェマア・イスラミアがスマトラ島に拠点移動か

2008年8月号
カテゴリ: 国際

 アル・カエダと関係のある東南アジアのイスラム系テロ組織「ジェマア・イスラミア(JI)」の残党による活動がインドネシア国内で再び活発化し始めた。首都ジャカルタなどで爆弾テロの可能性が高まっているとして、日本総領事館が在留邦人に注意を呼びかけている。 インドネシア国家警察は南スマトラ州で六月二十八日から七月一日にかけて十人を逮捕、爆弾二十個を押収した。逮捕された十人の中には、JIの爆弾専門家で二〇〇五年に隠れ家を急襲した治安当局との銃撃戦中に自爆死したアザハリの直弟子とされるシンガポール国籍の爆弾専門家や、逃亡中のJI幹部に直結する部下とみられる二人など、重要容疑者が含まれていた。 押収物には手製爆弾の他、起爆用とみられるケーブルや数十キロの爆発物があり、JI残党が新たな爆弾テロを準備していたことが明らかになった。「ジャカルタやスマトラ島の有名観光地でのテロ計画もあったもよう」(治安関係者)だという。 さらに、今回、容疑者はいずれも首都ジャカルタがあるジャワ島や爆弾テロがあったバリ島でなくスマトラ島で逮捕されたことから、国家警察は「捜査の手を逃れるためにJIは拠点をスマトラ島に移したのではないか」とみている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順