現地ルポ「来日インドネシア人介護士」の声

出井康博
執筆者:出井康博 2008年8月号
カテゴリ: 経済政策・社会保障
エリア: 日本

[ジャカルタ発]六月のある早朝、ワユディン君(二六)はインドネシアの首都ジャカルタ近郊のパーキングエリアで、イスラム教徒へのお祈りの呼びかけ「アザーン」を聞いていた。「アッラーフ、アクバル」(神は偉大なり) 遠くのモスク(イスラム寺院)から拡声器を通じ、厳かな声が繰り返し流れている。時刻は午前四時半を回っているが、辺りはまだ真っ暗だ。気温は二十度を少し超える程度。しかし、熱帯特有の湿気のせいで、じっとしていても汗が滲むほどだ。 ワユディン君は五十人以上の仲間と一緒にパーキングエリアのトイレへと向かった。お祈りの前には手足を清める必要があるが、ここにはトイレ以外に水場はない。独特の甘い香りを放つインドネシアのタバコ「ガラム」と尿の臭いが混じり合うトイレへ入ると、ワユディン君は汗ばんだシャツを脱ぎ、頭から水をかぶり、そして祈った。(どうか、日本で働くことができますように……) ワユディン君ら一行は皆、同じ看護学校で学んでいる。学校はジャカルタから約二百キロ離れたチルボンという町にある。前日の深夜、バス二台でチルボンを発ち、ここまでやって来た。 数時間後、ジャカルタ中心街で日本人による面接を受ける。相手は日本の厚生労働省傘下の社団法人「国際厚生事業団(JICWELS)」。面接を無事に終え、さらに健康診断もクリアすれば、念願の日本で介護士として働く夢が叶う。ワユディン君にとっては、人生を左右する一日が始まろうとしていた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
出井康博
出井康博 1965年岡山県生れ。早稲田大学政治経済学部卒。英字紙『THE NIKKEI WEEKLY』記者を経てフリージャーナリストに。月刊誌、週刊誌などで旺盛な執筆活動を行なう。主著に、政界の一大勢力となったグループの本質に迫った『松下政経塾とは何か』(新潮新書)、『年金夫婦の海外移住』(小学館)、『黒人に最も愛され、FBIに最も恐れられた日本人』(講談社+α文庫)、本誌連載に大幅加筆した『長寿大国の虚構 外国人介護士の現場を追う』(新潮社)、『民主党代議士の作られ方』(新潮新書)がある。最新刊は『襤褸(らんる)の旗 松下政経塾の研究』(飛鳥新社)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順