【ブックハンティング】戦時下『赤毛のアン』を訳した村岡花子の「使命感」

執筆者:草生亜紀子 2008年8月号
カテゴリ: 書評

 アンはおどりながら家の中へはいってきて、叫んだ。「ああ、マリラ、世界に十月という月のあることが、あたし、うれしくてたまらないわ。もし九月から、ぽんと十一月にとんでしまうのだったら、どんなにつまらないでしょうね。まあ、この楓の枝を見てちょうだい。スリルを感じないこと?――つづけざまに、ぞくぞく、ぞくぞくっとしないこと?」 赤毛のアンの息づかいが聞こえてくるような楽しい台詞だが、それを翻訳していた村岡花子は、灯火管制の下、スタンドに黒い布をかぶせた薄暗い部屋で、憲兵に「敵性語」を訳しているところを見つかれば逮捕される危険を冒しながら、出版のあてもない翻訳を続けていた。原書と訳稿を風呂敷に包んで防空壕に逃げ込む生活の中で、いつの日か、この物語を日本の読者に届けられると信じながら。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top