ブックハンティング・クラシックス
ブックハンティング・クラシックス(41)

本省人の視点から綴った台湾の苛酷極まる戦後史

樋泉克夫
執筆者:樋泉克夫 2008年8月号
カテゴリ: 国際 書評
エリア: 中国・台湾

『台湾のいもっ子』蔡徳本著集英社 1994年刊(現在は角川学芸出版刊の新版がある)「一九五四年十月二日土曜日の空は、青く澄みきって、日は燦々と輝き、南から吹いてくるそよ風」を心地よく感じながら、著者の分身である「いもっ子」の青年教師・蔡佑徳は自宅の裏庭のザボンの木の下で小学校のクラスメートと碁を打っていた。この秋の日こそ、彼にとって「一生涯忘れえぬ悪夢の始まりの一日」となる。だが、薩摩芋に似た地形の台湾に生まれ育ち、貧しさゆえに薩摩芋ばかり食べていたことから自らをいもっ子と呼び、蒋介石と共に大陸から渡ってきた外省人からもそう呼ばれ蔑まれてきた本省人にとっての「悪夢の始まり」は、じつは四五年八月十五日の日本敗戦だった。 半世紀に及んだ日本の植民地から抜け出し“祖国”の懐へ戻れると、「老いも若きも、農民も商人も公務員も日雇い労働者も家庭の主婦も幼い子供も、そしてやくざまで」を含む本省人の誰もが、日本敗戦を歓喜で迎え、祖国復帰の美酒に酔い痴れた。彼らにとっても祖国のことばであるはずの「国語(北京語)はまるっきり話せないので、漢字の傍らに片仮名で読みをつけて」国歌を唱い、「外へ散歩に出るときにも手製の国旗を忘れずに持って出たものだ」。本省人はうかつにも知らなかったのだろう。皮肉にも国家も国旗も、いもっ子を隷属視する国民党政権を讃えるものだったのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
樋泉克夫
樋泉克夫 愛知大学教授。1947年生れ。香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士課程を経て、外務省専門調査員として在タイ日本大使館勤務(83―85年、88―92年)。98年から愛知県立大学教授を務め、2011年より現職。『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順