80時間世界一周
80時間世界一周(48)

独立宣言から半年 コソボの現在と将来

竹田いさみ
執筆者:竹田いさみ 2008年8月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 日本からヨーロッパの主要都市には、直行便なら十二時間程度で到着する。直行便がなく、ロンドン、パリ、ウィーン、フランクフルトなどでの乗り継ぎ便を利用したとしても、十六時間もあれば事足りる。ところがヨーロッパでも、日本からまる二日かかる都市がある。それはプリシュティナ。今年二月、旧ユーゴスラビアのセルビア共和国から、ロシアの強硬な反対を押し切って、一方的に独立を宣言したコソボ共和国の首都だ。 日本からプリシュティナへの飛行プランで、最も確実で効率がよいのは、オーストリアの首都ウィーン経由で入るルートだろう。オーストリア航空の便が毎日就航している。ウィーン到着当日にプリシュティナ行きフライトに接続できないため、一泊しなければならないが、かえって喜ぶ乗客も多いはずだ。 これ以外では、トルコのイスタンブールを経由して、空路でマケドニアの首都スコピエに入り、そこから陸路で入るルートもある。だが、この陸路が曲者だ。幹線道路は一本道なので迷うことはないが、コソボ駐留のNATO(北大西洋条約機構)軍が陸送ルートとして使っているため、食料、飲料水、生活必需品などを満載した軍用トラックの長い車列(コンボイ)に遭遇する可能性がある。筆者もこの目で見た。そうなったらコンボイの後をひたすら走るしかなく、二時間もあれば到着できるところを数倍の時間がかかることとなる。マケドニア経由を希望する者は少ない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
竹田いさみ
竹田いさみ 獨協大学外国語学部教授。1952年生れ。上智大学大学院国際関係論専攻修了。シドニー大学・ロンドン大学留学。Ph.D.(国際政治史)取得。著書に『移民・難民・援助の政治学』(勁草書房、アジア・太平洋賞受賞)、『物語 オーストラリアの歴史』(中公新書)、『国際テロネットワーク』(講談社現代新書)、『世界史をつくった海賊』(ちくま新書)、『世界を動かす海賊』(ちくま新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順