クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

米国の集団妊娠協定 ホントにホント?

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2008年8月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 よく社会面に出る記事である。生後一年にもならない赤ん坊を「同居している義理の父親」が、何度も床に叩きつけて殺した、という種類の話。警察が捕えた容疑者の職業は、たいてい「無職」、年齢はどうかすると十代である。 それを裏返したような事件も、近頃は多い。秋田県の彩香ちゃん殺しはそれだった。かわいそうに幼女は、実の母の手で橋から突き落とされて死んだ。 望まれずに生まれた子の受難である。母親は性行為がどんな結果をもたらすか、知らないではないが、深く考えるのが面倒臭く、男は雄の本能むき出しで迫ってくる。つい許しちゃう。二度三度と繰り返す。そのうちに、できちゃう。 生まれた子は、完全にhelpless の状態である。昼夜を問わず三時間おきに授乳し、おむつを替えなければならない。沐浴させないと、気持ち悪いのか、泣く。 母親は当分かかりきりになる。父親は……十代または職業訓練ゼロの二十代の男に、一家を養っていく知恵も才覚もあるわけがない。まして子を産ませた男と入れ替って母親の性を貪っていた義理の父親に、夜中の泣き声は我慢できない。赤ん坊をつかんで、床に叩きつける。すべては、若い男女の無計画から発している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順