決定版「竹島に興奮する韓国」の研究

執筆者:黒田勝弘 2008年9月号
カテゴリ: 国際
エリア: 朝鮮半島

日本側が公式的立場を述べることすら認めないほどエスカレート。興奮しまくる韓国世論とどう付き合っていけばいいのか。[ソウル発]韓国は竹島(韓国名・独島)問題でなぜあんなに興奮するのか。あの興奮ぶりは尋常ではない。二十一世紀の現在、国際的にもあれは異例である。このナゾを考える前にいっておくが、われわれ日本のメディアは、この問題を取り上げる時は必ず「竹島(韓国名・独島)」と双方の島の名称を紹介するが、韓国のメディアではこういうことはしない。いつも「竹島」抜きである。 韓国は日本が相手となるとひたすら“ジコチュウ(自己中心)”で、自己主張に満ち溢れている。しかしひょっとして、国民感情を刺激する領土問題というのは、国際的にはこれが普通なのかもしれない。われわれ日本のメディアが、あまりに相手の立場への配慮をし過ぎているのかもしれないと、ふと思うほど、韓国は“ジコチュウ”が激しい。 日韓の間ではこのほか、歴史認識や歴史教科書などをめぐってもしょっちゅう対立や摩擦がある。これについても日本ではそのまま「歴史問題」とか「教科書問題」というが、韓国では必ず「歴史歪曲問題」とか「教科書歪曲問題」などという。「日本は歪曲している」とする自らの主張を大前提に、すべての話が展開されるのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
黒田勝弘 産経新聞ソウル駐在客員論説委員。1941年生れ。共同通信ソウル支局長、産経新聞ソウル支局長兼論説委員を経て現職。2005年度には日本記者クラブ賞、菊池寛賞を受賞。在韓30年。日本を代表するコリア・ウォッチャーで、韓国マスコミにも登場し意見を述べている。『“日本離れ”できない韓国』(文春新書)、『ソウル発 これが韓国主義』(阪急コミュニケーションズ)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順