“その前”に仕掛けられたグルジア大統領サイト攻撃

2008年9月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア

 そのサーカシビリ大統領のインターネット・サイトが、実はロシアからと見られるハッカーの侵入によって大きな打撃を受けていた。 グルジアへのハッカー侵入については、米国土安全保障省コンピューター異常事態対応チーム(US-CERT)をはじめ、複数の米インターネット監視組織が確認している。US-CERTによれば、七月初めに同じ旧ソ連・リトアニアの数百のサイトがサイバー攻撃を受けた事件と手口が酷似。いずれもロシアの公機関が直接関与しているのは間違いないという。 米国土安全保障省の専門家は「昨年の四月と五月、反ロシア的姿勢を示した旧ソ連・エストニアの政府機関のサイトにロシアのハッカーが侵入したケースとも共通点が多い」と述べている。 グルジア当局によると、大統領のサイトのほか、同国政府機関の複数のサイトがアクセス不能な状態に陥ったという。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順