安全保障かクジラか リムパックの“難題”

2008年9月号
エリア: 日本

 二年に一度行なわれる環太平洋合同演習「リムパック」。今年も六月二十九日から七月三十一日まで実施され、主催国のアメリカ以下、参加国は十カ国を数える過去最大規模となった。 そもそもリムパックは東西冷戦期の一九七一年、ソ連の太平洋進出を阻むため環太平洋の国々で始められ、日本も八〇年から参加している。その後のソ連崩壊で演習の目的はテロとの戦いへシフトしたが、ここに来て「エコ」という難敵が現れた。 発端は二〇〇四年七月。約百五十頭のクジラが、ハワイ・カウアイ島に迷い込むという事件が起きた。これを調査した米海洋大気局(NOAA)が、「リムパックが原因の可能性が高い」との調査報告を発表する。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top