インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

イラン日本人学生人質事件 解放させたのは誰だったのか

春名幹男
執筆者:春名幹男 2008年9月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東

 不可解な誘拐事件だった。 イランで昨年十月誘拐され、今年六月、八カ月ぶりに解放された横浜国立大四年、中村聡志さんの事件である。 日本の報道では、事件を起こした武装集団は「シャハバフシュ」という麻薬密輸組織で、中村さんの身柄と引き替えに、当局に拘束された仲間数人の釈放を要求したと伝えられていた。 中村さん解放にあたって、イラン政府側は犯人側からの要求には「一切応じず、金銭も支払っていない」と説明した。だが、武装集団が無条件で要求を取り下げることがあるのだろうか。 また、解放後首都テヘランで記者会見した中村さんは、報道陣の質問が解放の経緯に及ぶと、「内容に触れる部分は答えを差し控えたい」と拒否し、拘束中の生活についても「詳細なコメントは控えたい」と口をつぐんだ。 単純な麻薬密輸組織の犯行であれば、外交・安保上の問題は考えにくい。表面化して困る、とはどんな事実なのだろうか。 イラン政府報道官によれば、武装集団は昨年十月、イラン南東部ケルマン州の古都バム付近で旅行中の中村さんを拉致した後、間もなくイランを出て東のパキスタンに移動した。昨年十二月ごろには、彼はイランと国境を接するパキスタン南西部バルチスタン州の集落にある武装集団の隠れ家で拘束されていたようだ。彼はそこから、武装集団の衛星電話を使って、大阪府豊中市の実家に電話したという。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順