福田首相の「最初で最後のサミット」

名越健郎
執筆者:名越健郎 2008年9月号
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

 地球温暖化問題が最大の議題となった北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)は、2050年までの温室効果ガス半減目標を共有することで合意したが、原油・食料価格高騰対策には踏み込まなかった。40年も先の目標設定でレトリックに終始し、「今そこにある危機」(clear and present danger)は放置した印象が残る。 カナダのサミット研究機関「G8研究グループ」は洞爺湖サミットの総合評価を78点とし、過去33年の歴史で最高点の一つを与えた。議長・福田首相の評定も「A」だったが、即効性がなければ、22カ国首脳が一堂に会したサミットの有難味は湧かない。 サミットの全体会議で、ブッシュ米大統領が気候変動問題で各国に同調した。「諸君、米政府は地球温暖化と戦うことを決意した。米軍10万人を太陽に向けて派遣する」 サミットの全体会議で、議長の福田首相が発言した。「次に、原油・食料価格高騰の原因となっている投機マネーの規制策を討議したい」 するとブラウン英首相が言った。「総理、ロンドン市場で投機しているヘッジファンドの3分の1はジャパン・マネーなのですよ」 サミットの全体会議で、世界経済危機が話し合われた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順