特集●アメリカ大統領選挙の見えない帰趨 壮大な宣伝戦を制するのはオバマかマケインか

執筆者:草生亜紀子 2008年10月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

[デンバー/セントポール発]「共和党の失政を続行するのか、それとも今こそ変革の時と考えるのか、選択肢はその二つである」と民主党オバマ陣営が訴えれば、共和党マケイン陣営は「奇策」ともいえる無名の女性州知事の副大統領候補への大抜擢で、「既存のワシントン政治を変革する実行力があるのは我らである」と迎え撃つ。 その結果が世界に多大な影響を及ぼすにもかかわらず、米国民にしか投票権のないアメリカ大統領選挙まで残すところ一カ月あまりとなり、両陣営の宣伝合戦は激しさを増している。 そう、この選挙戦は壮大な宣伝戦だ。労働者階層の心を掴むことを目標に、候補者についていかなるイメージを売り込むか、そして有権者はどのイメージに自分の未来を託し、一票を投じるか。重要なのは個別具体的な政策以上に、イメージだ。九月一日から四日まで開かれた共和党全国大会が、メキシコ湾岸に上陸したハリケーン「グスタフ」の進路を見ながら初日の日程を短縮したのも、「国家最優先」というマケイン陣営のスローガンをアピールするためのイメージ戦略に他ならない。 日頃から政治に関心を持ち、候補者の政策を新聞やウェブサイトで読み、人柄や実績について自分の考えを持っている人は、民主党候補のバラク・オバマ上院議員(四七)を支持するのか、それとも共和党候補のジョン・マケイン上院議員(七二)に投票するのか、比較的早くに決定するし、その考えが大きく揺らぐことはあまりない(ただ、今回の選挙では“例外的要素”もあり、それについては後述する)。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順