中東―危機の震源を読む
中東―危機の震源を読む(46)

フィリピン政治で解決不能 ミンダナオ和平の「不遇」

池内恵
執筆者:池内恵 2008年10月号
カテゴリ: 国際

 フィリピン・マニラ中心部の「黄金モスク」を訪れた。モスク訪問時の応対や、モスクのおかれた環境や雰囲気で、その国でイスラーム教徒がおかれた状況のおおよそを感じ取ることができる。 ムスリムが多数派の国では、モスクにわざわざ外国人が訪ねてくるというのは、イスラーム教徒にとって自らの信仰の優越性を感じ、誇りに思う場面である。余裕を持って応対し、できるだけ良いところを見せたいと気を配る。善意から改宗の誘いも次々とかけてみる。モスク内部は各国の都市のもっとも清潔な場所である。 しかしイスラーム教徒が少数派で、苦しい立場に置かれている国では、対応は猜疑心に満ち、門を閉ざそうとする。 マニラのモスクは各国首都の筆頭モスクとして、最も殺伐としたモスクの部類に入るだろう。建築は壮麗だが、構内はゴミが散乱する。モスクの位置する街区の治安もよくない。カソリックが支配的で優越的な価値観として厳然と存在するフィリピンで、包囲され監視されているという意識の下に被害者意識と警戒心を募らせる様子が伝わってくる。 イマーム(モスクの指導者)だけは若干のアラビア語を話すが、他にはほとんど教学に興味を示す者はいない。正式な喜捨箱があるにもかかわらず、それとは別に寄付を寄越せとしつこくせびる者がいる。もちろん自分の懐に入れてしまうに違いないのだが、どうやら彼だけはそのモスクで金をせびるなんらかの利権を持つらしい。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター准教授。1973年生れ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順