経済の頭で考えたこと
経済の頭で考えたこと(8)

日本政治「人材的枯渇」の歴史的必然

田中直毅
執筆者:田中直毅 2008年10月号
カテゴリ: 政治 経済・ビジネス
エリア: 日本

 戦後の日本の発展パターンが用意周到に政治能力の喪失化を図ったという仮説にこだわってみる必要がある。なぜ政治の分野に、内部革新も起こらず人材を生み出す広い基盤の形成もできないのか、また国民の一人ひとりが置かれた環境から共通の思いを抽出できないのか、という根本問題が浮上せざるをえないのだ。直近の二人の首相がいずれも一年足らずで政権の投げ出しを行なったからである。ここは歴史を戦後の出発点にまで遡って考えるべきであろう。でなければ日本社会の軸の歪みを正すことはできまい。 戦後の出発に当たって日本国民には、政治の意味を極小化させるという点で共感があったといえよう。「焼跡闇市」「欲望民主主義」は戦中の凶暴な軍国主義からの解放過程において、抑圧的政治から距離を置くことができるようになった小市民の拠りどころとさえなった。「小さい政治」の設計が一人ひとりの国民にとって救済でさえあったといえよう。日本は占領下におかれ、講和条約が調印された一九五一年は朝鮮半島で戦争が繰り広げられていた。日本の独立は日米の安保条約という、占領体制のもとでの米軍基地と米国兵をそのまま駐軍条約として抱え込むという枠組の公認が前提となった。日本の安保体制は冷戦構造のまっただなかで選びとられることになったのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
田中直毅
田中直毅 国際公共政策研究センター理事長。1945年生れ。国民経済研究協会主任研究員を経て、84年より本格的に評論活動を始める。専門は国際政治・経済。2007年4月から現職。政府審議会委員を多数歴任。著書に『最後の十年 日本経済の構想』(日本経済新聞社)、『マネーが止まった』(講談社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順