「親子づれの味方」ファミレスの退潮

執筆者:一ノ口晴人 2008年10月号
カテゴリ: 経済・ビジネス

 初めて日本にやって来た外国人が驚くことの一つに、外食産業の質の高さがある。食べ物のおいしさや、盛り付けの美しさだけではない。店内は明るく清潔で、店員は笑顔を絶やさず礼儀正しい。そして安い。ユーロ高・円安で、特に欧州から来た人たちはランチの安さに驚く。日本の外食産業は世界最高水準と言ってよいだろう。 それは徹底的な自由競争の賜物だ。行政の余計な保護育成策がなく参入規制も設けられなかった結果、外食産業は日本では珍しく一貫して弱肉強食の「ジャングル型産業」になっている。 だが、外食産業の市場規模は十年前から五兆円も減り、現在は二十五兆円。少子高齢化が進み若年人口が減少する中で、特に経営環境が厳しいのがファミリーレストランだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順