フィリピン人介護士は日本を見限るのか

出井康博
執筆者:出井康博 2008年10月号

 八月七日、二百名余りのインドネシア人介護士・看護師が来日した。介護・看護分野で日本が初めて受け入れる外国人労働者とあって、当日の成田空港には大勢の報道陣が詰めかけた。今後は、半年間の日本語研修を経て、国内の介護施設や病院で仕事を始めることになる。 介護士らの来日は、日本がインドネシアと結んだ経済連携協定(EPA)に基づく「国家プロジェクト」だ。その行方に注目が集まる一方、EPAとは無関係なところで外国人介護士の受け入れが進みつつあることはあまり知られていない。 外国人介護士が日本で就労しようとすれば、EPAの枠組みしか方法はないはずだ。なぜ、受け入れが可能なのか――。 名古屋市でリハビリ病院や老人保健施設を運営する医療法人財団「善常会」は、来年初め、フィリピンから四人の介護士を受け入れる。「欧米先進国の介護現場は、すでに外国人労働者が支える状況になっている。人手不足が著しい日本も、やがてはそうなっていくに違いない。ならば早い段階で外国人を受け入れ、今から学習しておこうと考えたのです」(善常会の若山雅博事務局長) フィリピンもインドネシア同様、EPAを通じて介護士・看護師を送り出すことを日本と合意している。だが、早ければ昨年秋にも実施が見込まれていた送り出しは、フィリピン上院の批准拒否によって現在まで目途が立っていない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
出井康博
出井康博 1965年岡山県生れ。早稲田大学政治経済学部卒。英字紙『THE NIKKEI WEEKLY』記者を経てフリージャーナリストに。月刊誌、週刊誌などで旺盛な執筆活動を行なう。主著に、政界の一大勢力となったグループの本質に迫った『松下政経塾とは何か』(新潮新書)、『年金夫婦の海外移住』(小学館)、『黒人に最も愛され、FBIに最も恐れられた日本人』(講談社+α文庫)、本誌連載に大幅加筆した『長寿大国の虚構 外国人介護士の現場を追う』(新潮社)、『民主党代議士の作られ方』(新潮新書)がある。最新刊は『襤褸(らんる)の旗 松下政経塾の研究』(飛鳥新社)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順