通信設備業界の二強 世界も蹴ちらす大激戦

執筆者:肖宇生 2008年10月号
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
エリア: 中国・台湾

 今年五月、中国政府は国内の通信業界再編案を発表。これにより、長年延期され続けてきた第三世代携帯電話(3G)サービスの免許発行が視野に入り、基地局用製品などを取り扱う通信設備業者の商戦に火がついた模様だ。 業界再編で、念願の携帯電話二番手である中国聯通(チャイナユニコム)の通信規格「CDMA」部門を手に入れる固定電話最大手の中国電信(チャイナテレコム)は、七月、通信設備の入札を実施。仏アルカテル・ルーセントや米モトローラなどのメジャーをはじめ、中国通信設備大手の華為技術(ホアウェイ、広東省)と中興通訊(ZTE、同)も入札に参加した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top