ブックハンティング・クラシックス
ブックハンティング・クラシックス(43)

潔い“辞任”で世間を感嘆させた「小日本主義」の石橋湛山

執筆者:佐瀬昌盛 2008年10月号
エリア: 日本

『湛山回想』石橋湛山著毎日新聞社 1951年刊(現在は岩波文庫版のみ入手可能) 一九五六年十二月二十三日に総理大臣に就任した石橋湛山は数日後、『中央公論』編集部の嶋中鵬二(後年の中央公論社社長)のインタヴューを受けた。「いかがですか、総理大臣のなり心地は……」との嶋中の冒頭の問いに、湛山は答えた。「悪くないね。どこへ行ってもチヤホヤされるよ。総理大臣三日やったらやめられないって聞いていたが、なるほどそういう面もあるよ。自分の考えている政策を遂行しようなんて思わなければ、これほどいい商売はないよ」(『中公』、昭和三十二年二月号)。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
佐瀬昌盛 防衛大学校名誉教授。1934年生れ。東京大学大学院修了。成蹊大学助教授、防衛大学校教授、拓殖大学海外事情研究所所長などを歴任。『NATO―21世紀からの世界戦略』(文春新書)、『集団的自衛権―論争のために』(PHP新書)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top