クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

アメリカン・ドリームのオバマに一抹の不安

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2008年10月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 アメリカが世界で最も強く最も豊かだった頃のことだ。いまは亡きパン・アメリカン航空は、客があってもなくても、一日も休まずに東回りと西回りの世界一周便を飛ばしていた。どちらかが001便、逆方向が002便だった。むろんジェット旅客機が就航してからの話である。 西回り便は夕方に東京(羽田)を発つ。香港かマニラを経てバンコク、ラングーンという順に刻んでいく。ニューデリーで真夜中になり、カイロかアテネで夜が明ける。昼前にパリまたはロンドンに着く。旅客機は今日より頻繁に給油しなければならなかった。当時の日本人は好んでJALに乗ったから、この東京発夜行便は空いていた。 そのうちに成田が開港し、欧州行きはアンカレジ(米アラスカ州)で給油の後、ヨーロッパへ直行する時代になった。北極海の上を、何時間もかけて飛ぶ。 アンカレジの待合室にはラーメンの立ち食いがあり、日本を発った人、日本に帰る人に人気があった。私はひとり長い廊下を歩き、突き当たりのドアから外に出た。一九七二、三年のことである。 本当は空港ビルから出てはいけないが、「禁止」と聞けば破りたくなる。一人の黒人がビル外の庭を掃除していた。思わず「久しぶりだなあ」と声が出た。黒人は手を休めて「何が?」と訊いた。私はちょっと困った。「黒人」をどう言えばいいか。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順