GMの命を奪った「虚妄の金融資本主義」

執筆者:新田賢吾 2008年11月号
エリア: 北米

世界に冠たるゼネラル・モーターズが、創立百周年の今、破綻に瀕す。“金融の尺度”に身を委ね、モノづくりを忘れたがゆえに――。「どこで道を間違えてしまったのか」 世界の金融関係者は今、心の中でこう繰り返し問いかけているに違いない。昨年夏に表面化した米サブプライムローン問題は、焦げ付く恐れがあるハイリスク住宅ローン債権の小口証券化という局所的な問題から始まり、世界経済全体を揺るがし、一九二九年の「大恐慌」の再来が多くのビジネスマンの頭をよぎるほどの事態に発展した。上流ではささやかなせせらぎが、はるか下流では海と見まがうほどの大河になるように、金融ミクロの問題は関係者の想像もつかないほど巨大な金融危機に化けた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順