饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(130)

エリゼ宮の晩餐を変えたサルコジの「最強の武器」

西川恵
執筆者:西川恵 2008年11月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ 北米

 最近パリに出張したとき、知り合いの経済学者、ギ・ソルマン氏(六四)の家に招かれ、夕食をご馳走になった。友人らも加わった賑やかなテーブルの席上、訪仏したブッシュ米大統領の歓迎晩餐会にソルマン氏夫妻が招かれたときの話になった。 ブッシュ大統領は六月、欧州六カ国を歴訪し、十三、十四の両日、パリに立ち寄った。任期満了を来年一月に控えての最後の訪問で、サルコジ大統領になって大きく改善した両国関係を確認し、次期大統領の下でも米外交政策に大きな変更はないことを約束するのが目的だった。 十三日夜、サルコジ大統領夫妻はエリゼ宮で私的な晩餐会をもった。私的といっても両国にかかわる約百人の関係者が招かれる盛大なもので、ソルマン氏夫妻もその一組だった。「これまでの雰囲気とは一変した。堅苦しい儀礼を省き、楽しい雰囲気で、ファーストレディーのカーラさんが取り仕切ったことが一目瞭然だった」 男性はタキシードではなくダークスーツ、女性も正装の夜会服でなくカクテルドレス。ホストと賓客が招待客を迎えて一人一人握手するレシービングラインもなかったという。 私的な饗宴とはいえ、米大統領のような大国からの賓客のときにレシービングラインが省かれるのは珍しい。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順