米日の同盟が「二つの選挙」を乗り切るには

執筆者:マイケル・グリーン 2008年11月号
カテゴリ: 国際 金融
エリア: 北米

[ワシントン発]アメリカのピュー財団が最近行なった世界規模の世論調査によると、日本人の八二%が米国大統領選挙に強い関心をもっているという。これは調査対象国の中で最も高い率だ(アメリカでさえ八〇%)。世界金融危機や北朝鮮による核開発、中国の台頭などを考えると、アメリカの次の指導者の選択が日本にとってもどれほど重要かという認識が浸透しているからだろう。 実際、当初、自民党が総選挙を十一月四日より前に実施しようとしたのは、太平洋の向こう側で「変革」を掲げる民主党のバラク・オバマ候補が十一月四日の選挙で勝つと日本の民主党に追い風が吹き、自民・公明の連立与党側に逆風となることを危惧していたからだと報じられるほど、両国の政治は連動している(カナダの保守政権も南から「オバマ旋風」の余波を被ることを嫌って選挙日を十月十四日にした)。 日本の総選挙に対する米メディアの関心は大統領選挙に向けられるほど高くはない。だが、米政府やワシントンのシンクタンクのアジア専門家の多くが、米日関係に与える影響という点では、共和党のマケイン候補と民主党のオバマ候補の戦いよりも日本の総選挙の方がインパクトは大きいと考えている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
マイケル・グリーン 1961年生れ。フルブライト留学生として東京大学大学院に留学。国会議員秘書や新聞記者などで5年間の滞日経験をもち、日本語に堪能。ジョンズ・ホプキンズ大学高等国際問題研究大学院(SAIS)より博士号取得。2001年、ホワイトハウスの国家安全保障会議(NSC)入りし、04年から05年まで上級アジア部長。06年初めよりCSIS日本部長とジョージタウン大学教授を兼務している。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順