ブックハンティング・クラシックス
ブックハンティング・クラシックス(44)

憲法に込められた「人間観」がアメリカの政治制度を支える

会田弘継
執筆者:会田弘継 2008年11月号
カテゴリ: 国際 書評
エリア: 北米

『ザ・フェデラリスト』A・ハミルトン、J・ジェイ、J・マディソン著/斎藤眞・武則忠見訳福村出版 1998年刊(原書は1788年刊。全85篇のうち31篇を抜粋した斎藤眞・中野勝郎訳の岩波文庫版もある。なお本稿中の一部の引用は評者要約) 欧州連合(EU)の憲法案であるリスボン条約がアイルランド国民投票で六月に否決されてひと月ほどして、ダブリンを訪れる機会があった。乗り合わせたタクシーの中年運転手に尋ねると、否決は当然とでもいわんばかりだ。「考えてみろよ。この国は独立してまだ七十年だよ。それなのにもう、俺たちアイルランド人自身が決めるべきことを今度は(EUの本部がある)ブリュッセルの官僚どもが奪ってしまおうというんだから……」 大英帝国の圧政からやっと逃れたと思ったら、今度はEUという「帝国」がやってきた。これが運転手の不満だった。特に、妊娠中絶合法化などEUの放恣な政策を押し付けられそうなのが許せないという。「そんな大事なことを勝手に決められてたまるか」という様子がありありだった。 アイルランド国民は条約の内容や意味を理解せずに反対票を投じた――。そう報じられていたが、とんでもない。本質的なことはしっかりと理解しているではないか。そう感じた。と同時に、EU官僚たちも今、必死で「あの本」を読んでいるだろうな、と想像した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順