行き先のない旅
行き先のない旅(66)

ある劇場総支配人の若者「招き入れ」作戦

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2008年11月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 今秋より、夫がフランス国立リヨン歌劇場の首席指揮者となった。夫の新しいボス、つまり劇場総支配人は、四十六歳のベルギー人、セルジュ・ドルニ氏である。 ドルニ氏は三十代の若さでロンドン・フィルハーモニーのディレクターとなり、競争の激しいロンドンのクラシック音楽界で次々と斬新な企画を打ち出し、カリスマ的なリーダーとして一躍、業界で名を揚げた。十六歳で大学に入って三つの修士号を取り、音楽、建築も学んだ。 その彼がリヨンオペラにやってきたのは五年前。就任してすぐ、彼は自分のオフィスに入るのさえ、ひと苦労だと気づかされた。劇場の正面玄関前は、つやつやに磨かれた大理石でできているのだが、ここに若者たちがたむろし、スピーカーを大音量でかけて、ブレイクダンスをしている。着飾った人がオペラを聴きに来る劇場の玄関にとって、これは異常事態である。若者の方はオペラの人間を「あの気取った金持ち連中」と思い、オペラの側の人間は若者たちを「邪魔で迷惑な連中」だと思う。ドルニ氏が就任したときには、この両者には一触即発の険悪なムードがあった。 パリやリヨンなど大都市周辺で、若者が車を燃やす暴動が起きたことを、ご記憶の読者も多いと思うが、時はまさにこうした事件の前触れを感じさせた時期。あの暴動でも、流行ったヒップホップの過激な歌詞が、若者たちの怒りの火に油を注ぎ、偶発的な衝突が起きたこともある。オペラ劇場のすぐ北側には、失業率が高くアフリカやアラブからの移民が多い地域がある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順