グルジアを弄ぶロシア・ハンド

名越健郎
執筆者:名越健郎 2008年11月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア

 8月8日の北京五輪開会式と並行して始まったロシアとグルジアの戦争はロシアの勝利に終わり、メドベージェフ大統領はグルジア領南オセチア自治州とアブハジア自治共和国の独立を承認すると宣言した。兵力で圧倒的優位に立つロシア軍は、スターリンの故郷ゴリを蹂躙したほか、グルジアの17カ所を空爆。グルジア軍は敗走した。 戦時愛国主義が燃え上がるロシアのネットブログは先制攻撃したサーカシビリ・グルジア大統領を「ブッシュのプードル」「ヒトラー」などと糾弾。「強いロシア」を賛美し、欧米従属や経済危機に打ちひしがれた1990年代の屈辱を一気に晴らそうとしているかにみえる。狂気の大ロシア主義の中で、健全な精神はアネクドートの世界だけに残っている。 サーカシビリ大統領が自室にこもり、マスターベーションをしていると、オランダ人の夫人がそれを見つけて仰天した。「あなた、何てことしてるの」「……違う。この手は俺の手じゃない。ロシアの手だ」 プーチン首相がグルジア軍の攻撃で蹂躙された南オセチア自治州に100億ルーブル(約500億円)の復興支援を提供すると発表した。 これを知ったロシア最貧州・イワノボ州の知事がサーカシビリ大統領に電話した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順