中東―危機の震源を読む
中東―危機の震源を読む(48)

オバマにのしかかる中東の「高すぎる期待」

池内恵
執筆者:池内恵 2008年12月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東 北米

 米大統領選挙でのバラク・オバマ上院議員の当選に中東はどう反応しているのか。「市井の声」でいえば、選挙期間中、中東諸国ではアメリカ内政の詳細への知識はほとんどないままオバマに対する期待が圧倒的だった。オバマが政権に就けば米国の中東政策の大部分が変わるかのような印象が充満していた。勝利宣言を受けたペルシア湾岸諸国の街の声を報じるサウジアラビアの日刊紙『リヤード』は「オバマの勝利を歓迎する湾岸諸国民『われわれはアメリカ政治の八〇%が変わると期待する!』」といった見出しを打った。 なによりも「人種差別を超えた」というところが評価されているのに加え、「父親がムスリム(イスラーム教徒)」というのも一般的には親近感を与えているようだ。選挙期間中、対抗陣営から「イスラーム教徒である」というささやき作戦をかけられた際に、オバマは冷静に対応し、「自分はキリスト教徒である」という言い回しを用いて「疑惑」を退けるのみだった。アメリカの膨大なキリスト教保守層を意識して過剰にイスラーム教の価値観を否定してみせたりはせず、各国のムスリムの自尊心を傷つける発言を極力避けていたようである。 現在のところ、アラビア語各紙の論調は、オバマ当選を歓迎するとともに、それを現ブッシュ政権への審判とみて、批判の攻勢を強める形となっている。アラブ側のブッシュ批判を「米国民も認めざるを得なかった」と納得するのである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター准教授。1973年生れ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順